鬼柳地区(印刷用)

57.鹿島神社神宮殿(かしまじんじゃじんぐうでん)

岩手県第1号指定の有形文化財を中心として、歴史の面影を残す景観となっている。

鬼柳町自治振興協議会(神社敷地内の定期的な清掃等神社見学者に対して、地元住民のボランティアによる説明会の実施。年中行事での参拝奉納)

鬼柳町満屋51-1
○最寄バス停(県交通)  田の神より徒歩5分

58.最後の33番打ち納め札所 本宮寺(さいごのさんじゅうさんばんうちおさめふだしょ もとみやでら )

お寺を中心とした地域住民による継続的な景観づくりに関しての意向がある。

鬼柳自治振興協議会(地域のお寺の保全と環境整備。年中行事での参拝奉納)

鬼柳町都鳥66-1
○最寄バス停(県交通)  石崎より徒歩3分

59.もののふの神 白鳥神社(もののふのかみ しらとりじんじゃ)

和賀氏の守護神の白鳥神社、そしてその面影を残す樹齢300年のサワラによって良好な景観を保っている。

鬼柳町自治振興協議会(毎年定期的に住民が総参加で除草等の清掃作業を実施)

鬼柳町六軒地内
○最寄バス停(中佐野より徒歩5分)

60.白狐伝説 下川原稲荷神社(しろきつねでんせつ しもかわらいなりじんじゃ)

地域の宝の神社を中心として、田園地帯の良好な景観が保たれている。

鬼柳町自治振興協議会(地域の守護神である神社の保全と環境整備。昔ながらのお祭りや年中行事での奉納)

鬼柳町下川原地内
○最寄バス停(県交通)  田の神より徒歩10分

61.六軒 湧水さかさ水(ろっけん ゆうすいさかさみず)

鬼柳六軒の段丘下からの湧水が、灌漑開拓の独自で良好な景観を保っている。

鬼柳町自治振興協議会(湧水の管理組合が中心となり、清掃等の実施)

鬼柳町六軒地内
○最寄バス停(県交通)  中佐野より徒歩15分

62.野生の生き物の生息地 親和ビオトープ

ビオトープの生物生息空間として地域の住民によって整備され、多くの市民が訪れる良好な景観を保っている。

鬼柳町自治振興協議会(地元子供から大人たちまでビオトープ観測の実施。地域住民による環境整備)

上鬼柳膝口地内
○最寄バス停(県交通)  里小屋より徒歩7分

63.五穀の神 見渡神社(ごこくのかみ みわたしじんじゃ)

地域を一望できる眺望と整備された環境、そして境内を囲む樹木によって良好な環境が保たれている。

鬼柳自治振興協議会(毎年定期的に住民が総参加で清掃活動を実施。地域住民によるつつじの植栽等の環境整備)

上鬼柳2-52-1
○最寄バス停(県交通)  西北より徒歩7分

64.曹洞宗最古刹の伝法山 正覚寺(そうとうしゅうさいこさつのでんぽうざん しょうかくじ) 

地域の歴史・文化の拠点でもあるこの場所は、境内の古木によって良好な景観を保っている。

鬼柳町自治振興協議会(お寺の檀家や地域住民による周辺の環境整備。法話会、座禅会及び芸能発表会を地域檀信徒を中心に実施)

上鬼柳5-232
○最寄バス停(県交通)  田の神より徒歩10分

65.イチョウ古木のある憩いの地 鬼柳八幡神社(いちょうこぼくのあるいこいのち おにやなぎはちまんじんじゃ)

神社境内の樹齢600年のイチョウの古木を中心として環境整備を行い、歴史を感じられる良好な景観つくっている。

鬼柳町二区会(地元の例大祭での芸能奉納、花壇及び環境整備)

鬼柳町荒堰40-1
○最寄バス停(県交通)  荒堰より徒歩10分

66.やすらぎの広場 鬼柳白髭神社(やすらぎのひろば おにやなぎしらひげじんじゃ)

鬼柳町南側の東端に位置し、そこからは鬼柳地区はもとより市街を一望できる。また、釣垂れの岩や亀岩などの奇岩や銘木が多数存在する。

鬼柳町一区会(枝払い・間伐などの環境整備と例大祭や花見、説明板の設置など環境を楽しむための取組を行っている)

下鬼柳7-171
○最寄バス停(県交通)  打越より徒歩7分