全てを表示

61.六軒 湧水さかさ水(ろっけん ゆうすいさかさみず)

鬼柳六軒の段丘下から湧水が、灌漑開拓の独自で良好な景観を保っている。

62.野生の生き物の生息地 親和ビオトープ

ビオトープの生物生息空間として地域の住民によって整備され、多くの市民が訪れる良好な景観を保っている。

63.五穀の神 見渡神社(ごこくのかみ みわたしじんじゃ)

地域を一望できる眺望と整備された環境、そして境内を囲む樹木によって良好な環境が保たれている。

64.曹洞宗最古刹の伝法山 正覚寺(そうとうしゅうさいこさつのでんぽうざん しょうかくじ) 

地域の歴史・文化の拠点でもあるこの場所は、境内の古木によって良好な景観を保っている。

65.イチョウ古木のある憩いの地 鬼柳八幡神社(いちょうこぼくのあるいこいのち おにやなぎはちまんじんじゃ)

【紅葉おすすめ】撮影日:2014年10月2日神社境内の樹齢600年のイチョウの古木を中心として環境整備を行い、歴史を感じられる良好な景観を作っている。

66.やすらぎの広場 鬼柳白髭神社(やすらぎのひろば おにやなぎしらひげじんじゃ)

鬼柳町南側の東端に位置し、そこからは鬼柳地区はもとより市街を一望できる。また、釣垂れの岩や亀岩などの奇岩や銘木が多数存在する。

67.岩渓からの北上川上流の眺望(がんけいからのきたかみがわじょうりゅうのちょうぼう)

伝説の七ッ石や蛇石が一望でき、北上川の流れと岩場そして周辺の山々によって良好な景観をつくっている。

68.子どもたちの親水空間 黒岩ビオトープ(こどもたちのしんすいくうかん くろいわびおとーぷ)

子どもたちがビオトープを感じられる良好な景観を保っている。

69.北上最後の渡し場 黒岩船場(きたかみさいごのわたしば くろいわふなば)

渡し場があったこの地には、黒岩街道の起点及び黒岩留め跡などがあり、歴史的な景観を有している。

70.黒岩の原風景 湧口の清水と棚田(くろいわのげんふうけい わっくつのしみずとたなだ)

豊富な湧水量と眼下に広がる棚田によって、良好な農村景観を見ることができる。

71.古道鷹巣街道の面影を残す小滝さん(こどうたかのすかいどうのおもかげのこすこたきさん)

古道そばの小滝さんによって良好な景観が保たれている。

72.黒岩四十九里 五輪塔(くろいわしじゅうくり ごりんとう)

塚があったこの地から薬師堂と天王山を眺望することができ、農村景観を楽しむことができる。

73.和賀氏の歴史を伝える千曳城跡(黒岩城)(わがしのれきしをつたえるちびきじょうし(くろいわじょう))

北上川に突き出ている城跡は、和賀氏の歴史を感じるとともに圧倒的な景観を有している。

74.展勝地と市街地を望むウォーキングコース

新設した展勝園から博物館につながるウォーキングコースからは、展勝地や北上市街地を一望できる。

75.里山文化を今に残す多岐神社(さとやまぶんかをいまにのこすたきじんじゃ)

“都にて聞きしにまさる多岐の宮峯の古木に照らす月影”と詠われ、里山の文化と立花の歴史を感じる景観を今も残している。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»