北上市 建設部都市計画課 きたかみ景観資産マップ
2012/06/11
ホームページ公開いたしました。

おすすめ景観スポット

30.国見山文化を映す毘沙門堂(くにみやまぶんかをうつすびしゃもんどう)

国見山極楽寺文化を伝える重要な施設であり、大イチョウや花壇などによって四季の彩りも感じることができる。

32.歴史を残す白山の森(れきしをのこすはくさんのもり)

高前檀館跡と伝えられ、かつては白山神社が鎮座していたこの場所は、杉林の中に杉の巨木やヤマザクラなどが自生しており、散策も楽しめる。

36.多聞院伊澤家 久那斗神社と中尊寺ハス(たもんいんいざわけ くなとじんじゃとちゅうそんじはす) 

国の重要文化財である多聞院伊澤家と藤原秀衡が祀った久那斗神社、そしてその面影を残す中尊寺ハスによって歴史を伝えている。

37.黄金の道 秀衡街道(おうごんのみち ひでひらかいどう)

藤原秀衡が中尊寺に金を運ぶために整備したといわれる街道であり、歴史の面影を感じることができる。

38.水沢鉱山(みんちぁやま)古道ふれあいの森

岩手県の近代産業を支えた銅山である水沢鉱山通称「みんちぁやま」は近代産業遺産として歴史的な景観を有している。

52.極楽寺文化を今に伝える国見山(ごくらくじぶんかをいまにつたえるくにみやま)

北上の歴史文化を伝える重要な場所であり、また自然・農村の雄大な眺望を楽しむこともできる。

53.悠久の眺め樺山歴史の広場(ゆうきゅうのながめ かばやまれきしのひろば)

縄文文化の面影を残す丘にあり、西側を見渡すと田園の広がりや奥羽山脈が一望でき、特に日没前には幻想的な景観を楽しむことができる。

77.平安時代の巨大寺院 大竹廃寺跡(へいあんじだいのきょだいじいん おおたけはいじあと)

岩手県指定文化財として、歴史の面影を残す景観であり、地域の人々に愛されている空間である。

111.燃えたつ彼岸花につつまれる如意輪寺(もえたつひがんばなにつつまれるにょいりんじ)

秋のお彼岸の季節になると、境内には推定2万株を超える真っ赤な彼岸花が咲き乱れる。国見山廃寺跡の景観と融合し、参拝者に癒しと安らぎを与える景観を創り出している。