北上市市民活動情報センターBLOG

 

FeedWind

総合

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
三井物産環境基金 2018/10/20

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)は、三井物産環境基金2018年度の研究助成案件募集を開始します。

地域活動団体への助成「生活学校助成」 2018/09/28

生活学校としてご参加いただいた地域活動団体には、当協会から、活動経費の助成や、地域づくり情報誌「まちむら」の提供をいたします。

平成31年度日教弘本部奨励金 2018/09/30

日教弘本部奨励金は、日教弘本部及び各都道府県支部において、教育の向上発展に重要であり、特色ある研究や継続的な活動に対して奨励し助成を行う事業です。

Donate a Photo支援プログラム 2018/09/18

「Donate a Photo」とは1日1枚アプリから写真を投稿すると写真1枚につき1ドルをジョンソン・エンド・ジョンソンが投稿者のかわりに非営利団体およびその団体が運営している支援プログラムへ寄付をするというアプリです。

LUSHチャリティバンク 2ヶ月に1度、偶数月の月末

ラッシュは、小規模で様々な社会課題に対して直接的に活動している草の根団体を支援しています。小規模な草の根活動団体は、社会をよりよいものに変えていくために必要な活動をしているにも関わらず、資金難である事がしばしばあるため、ラッシュのチャリティバンクでは草の根活動に特化して支援を行っています。

保険・医療・福祉

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
がん患者団体助成 2018/09/28

正力厚生会は、全国のがん患者会、サポートグループなどで、資金不足からイベントやプロジェクト、研究などができない団体を公募し、活動資金を助成しています。

医療・健康向上貢献助成 2018/09/30

国内および開発途上国(以下「海外」)において、医療・健康の向上に貢献する事業を行っている非営利団体に対し、その事業活動を支援します。

まちづくり・環境・暮らし

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
第14回 TOTO水環境基金(海外) 2018/10/20

TOTOグループは、水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造することで、社会の発展に貢献する企業 を目指しています。

第14回 TOTO水環境基金(国内) 2018/10/20

TOTOグループは、水まわりを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造することで、社会の発展に貢献する企業 を目指しています。

2019年度環境市民活動助成 2018/10/01~2018/11/15

「山の森」と「海の森」の二つの視点から 「CO2削減」と「豊かな自然環境の再生」を進めます

環境保全プロジェクト助成 2018/10/31

損保ジャパン日本興亜環境財団では、環境問題に取組むNPO・NGOや任意団体の環境保全プロジェクトが、より充実したものとなるよう資金助成を行います。

東洋ゴムグループ環境保護基金 2018/09/28

本基金は東洋ゴムグループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式をとっています。

三井物産環境基金 2018/10/20

長期的な社会課題の解決を実現し、持続可能な社会を作り上 げるためには、実践的な取り組みや学際的な分析・研究の両方が必要であると考え、 活動及び研究を助成します。

平成31年度 「花博自然環境助成」事業 2018/08/01~2018/09/14

公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会は、1990年(平成2年)に大阪・鶴見緑地で開催された国際花と緑の博覧会の「自然と人間との共生」という理念の継承発展・普及啓発につながる調査研究や活動並びに被災地復興を支援し、潤いのある豊かな社会の創造に寄与することを目的として、以下により平成31年度に実施する助成事業の公募を行います。

子育て・青少年・教育

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明

文化・スポーツ・国際協力

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
第12回かめのり賞 2018/09/21

かめのり財団では、交換留学、文化・スポーツの青少年交流、語学教育など、日本とアジア・オセアニアの相互理解の増進に草の根で貢献している方々の活動を顕彰し、支援します。

震災関係・防災

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
「ユースアクション東北」助成金プログラム 毎月末日(2019年3月31日まで)

ユースアクション東北は、若者による被災地域の復興や地域の活性化に繋がる活動を資金面と人材面から支援する活動です。活動費用をサポートする「助成金プログラム」を提供するとともに、活動の継続と実現のために、アドバイスやサポートをする大人の伴走者と助成団体をマッチングします。

常時募集

助成制度の名称(機関名)募集期限簡易説明
大竹財団助成金 通年

大竹財団では、主旨、活動目的を共にし、社会問題解決に取り組む個人、NGO、NPOに助成金を給付しています。優先分野は平和、環境/資源エネルギー、人口/社会保障、国際協力です。

信頼資本財団による助成事業 随時

助成対象は、NPOや市民活動団体等「非営利団体」とし、法人格の有無は問わず。助成対象事業の領域は、農林水産畜産業、環境、福祉、医療、教育、人権など「信頼」関係の向上と増大につながる事業。助成決定後1年間(もしくは1年以内の指定日までの間)、各団体と当財団がともに寄付を募集し、当財団の運営費を除いた金額を銀行振込により助成金を交付。