北上市市民活動情報センターBLOG

 

FeedWind

交流センター活動紹介【はばたき子ども広場】

2016.03.25

☆はばたき子ども広場とは
放課後に子どもたちが友達や地域のボランティアと交流し、学び合える居場所をつくることを目的に、平成19年より始まった事業です。
☆どんなことをしているの?
月・水曜日は、1・2年生を対象に黒西小の空き教室を借りて、15時~16時の1時間、宿題や運動・昔の遊びなどをしています。
土曜日(月1~2回)は、全学年を対象に交流センターを拠点に、2時間程度体を動かす教室や農業体験、陶芸教室などをしています。
これらの体験活動を年間通して計画し、多彩に行っています。

また、学習アドバイザーさんの得意分野を生かし、「謡曲」「お茶会」などにも取り組んでいます。また、「はばたき通信」を発行し、広場の様子を保護者に紹介し、協力を募る活動も行っています。

 

 

「宿題の時間」 まず、安全管理員さんが見守る中、宿題に取り組みます。

 

 

「農業体験」 畑も地域の方から無償貸与されました。

 

 

「消防体験」 地域の消防団のご協力で防災について学び、放水体験もしました。

 

 

【黒沢尻西地区交流センター】
はばたき子ども広場は、学習アドバイザーさん、安全管理員さん、小学校、交流センター等が地域一丸となって、子どもたちの成長を見守っています。