稲瀬地区(印刷用)

51.展勝地を一望する男山山頂(てんしょうちをいちぼうするおとこやまさんちょう)

北上川と和賀川の合流点や北上の市街地を一望でき、北上を代表する眺めを見ることができる。

稲瀬町自治協議会(刈り払い、草刈り)

稲瀬町岩脇
○最寄バス停(県交通)  岩脇より徒歩15分

52.極楽寺文化を今に伝える国見山(ごくらくじぶんかをいまにつたえるくにみやま)

北上の歴史文化を伝える重要な場所であり、また自然・農村の雄大な眺望を楽しむこともできる。

稲瀬町自治協議会(刈り払い・清掃等の美化運動)

稲瀬町内門岡、稲瀬町岩脇
○最寄バス停(県交通)  内門岡より登山道入口まで徒歩10分

53.悠久の眺め樺山歴史の広場(ゆうきゅうのながめ かばやまれきしのひろば)

縄文文化の面影を残す丘にあり、西側を見渡すと田園の広がりや奥羽山脈が一望でき、特に日没前には幻想的な景観を楽しむことができる。

稲瀬町自治協議会(管理と景観保全活動、樺山まつりの実施)

稲瀬町大谷地、水越
○最寄バス停(県交通)  橋本前より徒歩15分

111.燃えたつ彼岸花につつまれる如意輪寺(もえたつひがんばなにつつまれるにょいりんじ)

秋のお彼岸の季節になると、境内には推定2万株を超える真っ赤な彼岸花が咲き乱れる。国見山廃寺跡の景観と融合し、参拝者に癒しと安らぎを与える景観を創り出している。

 

稲瀬町自治協議会(計画的な植栽の継続、生垣の除草、草木の植栽。)
  
稲瀬町内門岡68